★史上最強の超リアルレプリカ Gen.3 新登場★【Holy Warrior製】EOTech EXPS3-0 Gen3 ホロサイト ドットサ – エアガン市場 本店
holly Warrior ホーリーウォーリアー EOTECH イオテック EXPS3 EXPS3-0 ホロサイト ドットサイト
エアガン市場本店 東京マルイ 次世代 電動ガン カスタムパーツ サバゲー ドットサイト
エアガン市場本店 東京マルイ 次世代 電動ガン カスタムパーツ サバゲー ドットサイト
エアガン市場本店 東京マルイ 次世代 電動ガン カスタムパーツ サバゲー ドットサイト
holly Warrior ホーリーウォーリアー EOTECH イオテック EXPS3 EXPS3-0 ホロサイト ドットサイト
エアガン市場本店 東京マルイ 次世代 電動ガン カスタムパーツ サバゲー ドットサイト
holly Warrior ホーリーウォーリアー EOTECH イオテック EXPS3 EXPS3-0 ホロサイト ドットサイト
holly Warrior ホーリーウォーリアー EOTECH イオテック EXPS3 EXPS3-0 ホロサイト ドットサイト

★史上最強の超リアルレプリカ Gen.3 新登場★【Holy Warrior製】EOTech EXPS3-0 Gen3 ホロサイト ドットサイト レプリカ [ WHO-REDDOT-S1 ]

本体カラーBK (ブラック)
刻印FLAG - MODERN
¥19,800(税込) 通常価格 ¥24,200(税込)
お気に入り登録

★史上最強の超リアルレプリカ Gen.3 新登場★【Holy Warrior製】EOTech EXPS3-0 Gen3 ホロサイト ドットサイト レプリカ [ WHO-REDDOT-S1 ]

¥19,800(税込) 通常価格 ¥24,200(税込)
holly Warrior ホーリーウォーリアー EOTECH イオテック EXPS3 EXPS3-0 ホロサイト ドットサイト

Holy Warrior EOTech EXPS3-0 Holosight Gen.3 (Dot Sight) Replica

Holy Warrior(HW)が送る、超リアルなホロサイトレプリカの最新ロット「Gen.3 (第三世代)が登場。

レティクルのゼロイン可動範囲がさらに広がり、搭載機種によらず完璧なゼロインが行えるようになっています。

史上最強のリアルEXPS3-0レプリカ

HWのEXPS3は、次の点で他のホロレプリカを凌駕しています。

外観

  • QDレバー基部の厚みがほぼ実物と同じ
  • マウント調節ネジの形状がほぼ実物と同じ
  • 接眼レンズ側にある樹脂製バックプレートの形状
  • レンズを覗くと上側にリフレクターを再現
  • 本体裏側にあるマーキングの再現度
  • 電池キャンプの外観や仕様も実物とほぼ同じクオリティ(ギザギザ部分の間隔、電池キャップの裏、電池ボックスの接点形状)、さらに、電池キャップは実物EXPS3にも使用可能
  • 実物同様、操作ボタン類は独立モジュール化
  • 電池キャップの横にある謎の穴が、ただの開けられた穴ではなくちゃんと「部屋」になっている
  • アウターシェルの形状が極めて実物に近い (ゼロインダイヤル下部をよく見るとほんのわずかに角度がつけられている)
  • アウターシェルを固定するトルクスネジの再現

性能

  • 日中の屋外でもストレスなく使える、高いレティクル光量
  • 実物同様、カチカチとクリック感があり押しやすいゼロインダイヤル
  • バッテリーの電圧低下時のレティクル点滅表示、オートオフ機能などのサブ機能の充実

ディテールの再現度については他社の追随を一切許さない、圧倒的なクオリティを誇っています。
恐らく、今後もこのクオリティを凌駕できるレプリカメーカーはなかなか登場しないのではないでしょうか。

しかも、光量も他のEXPS3レプリカより圧倒的に高く、明るい場所を狙っても十分視認でき、照準器としての使い心地も十分確保されています。

「本物に限りなく近いEXPS3でカッコよくカスタマイズしたい」「実物には手が出ないけど、限りなく実物に近いスタイルでカスタマイズをしたい」と願うリアル派ユーザーにはたまらない、玄人志向のホロサイトレプリカとなっております。

高い光量とリアルなレティクル

晴天の下でも使える圧倒的な光量を誇ります。

真っ暗な屋内でかすかに見えるような低光量から、日中の屋外でもしっかり使える高光量まで19段階に調節できます。

レティクルはEXPS3-0のタイプ0レティクルを再現。
大きな円の中央に小さなドットが表示される、近接戦闘(CQB)仕様の見やすいレティクルとなっております。

NV(Night-Vision)モード搭載

NVボタンを押すことで、レティクル表示がIR(赤外線)に切り替わります。ナイトビジョンゴーグルをお持ちの方は、ゴーグルを通して白く浮かび上がるレティクルが視認できます!是非お試しください♪

※NVモードは肉眼では全く見えません。ナイトビジョンゴーグル併用時専用のモードです。

オートパワーOFF機能

ホーリーウォーリアーのEXPS3-0には「オートパワーOFF」機能が備わっており、しばらく操作されないと自動的に電源が落ちるようになっています。

設定方法は2種類あり、電源ON時に押したボタンによって使い分けることができます。

「UP」または「NV」ボタンを押して電源をONにした場合 ⇒「8時間」
「DOWN」ボタンを押して電源をONにした場合 ⇒「4時間」

電池チェック機能

電池残量が少なくなり電圧が低下すると、電源を入れた時にレティクルが10回点滅して交換時期をお知らせします。

※電圧を測定してチェックしています。そのため、CR123A、SF123A等の3.0v電池を使用すると比較的早い段階でレティクルの点滅が始まります。

リアルステッカー付属

警告ラベルを再現したカスタムステッカーが、3種各2枚=合計6枚付属します。

従来のEXPS3レプリカはステッカーが貼り付け済みで、微妙に曲がって貼り付けられている場合がありました。
Holy Warrior製 EXPS3レプリカなら、自分で完璧な角度でステッカーを貼り付けてお楽しみいただけます!

マーキングについて

2022年7月、新たに「MILSPEC」「L3」の2モデルが追加されました!

採用された時期や場所によって異なるマーキングを再現。
各マーキングの特徴は次の通りです。

MILSPEC ”NAVY SEALs"

米海軍特殊部隊「NAVY SEALs」でSOPMOD BlockII やMK18 MOD.1のキットとして支給されている、特殊部隊仕様モデルが再現されています。

特徴
・アウターシェル左右にEOTechロゴマークが無く、軍用らしいシンプルなデザイン
・操作ボタンの横に「3次元コード」「米軍の光学照準器であることを示すコード、SU-231A/PEQ」ホワイトマーキング入り

※PEQとは米軍が用いている機器の用途を示すコードで、それぞれ「P = ポータブル(携行可能)」「E = レーザー機器(ホログラフィックはレーザーを使用)」「Q = 特殊用途、または複数用途」という意味を表しています。

■おすすめステッカー
台紙の中央にある、中期タイプの警告ステッカー

MILSPEC

米軍で官給品として支給されている軍用モデルが再現されています。

特徴
・アウターシェル左右にEOTechロゴマークが無く、軍用らしいシンプルなデザイン
・操作ボタンの横に「3次元コード」「米軍の光学照準器であることを示すコード、SU-231A/PEQ」ホワイトマーキング入り

■おすすめステッカー
台紙の中央にある、中期タイプの警告ステッカー

FLAG - MODERN

現行モデルのEOTech EXPS3-0のUS FLAGマーキングがリアルに再現されています。

■特徴
・アウターシェル左右にEOTech最新ロゴ(FLAG刻印)を、実物とほぼ同じ寸法で再現。
・操作スイッチ周辺に「LOW ENFORCEMENT AND MILITARY USE ONLY」刻印のない、民生用モデルが再現されています。

■おすすめステッカー
台紙の一番右側にある、最新タイプの警告ステッカー

L3 - CLASSIC

初期型のEOTechロゴマーキングが再現されています。

■特徴
・アウターシェル左右にEOTech初期型ロゴ(CLASSIC刻印)を実物とほぼ同じ寸法で再現。
・操作スイッチ周辺に「LOW ENFORCEMENT AND MILITARY USE ONLY」刻印のない、民生用モデルが再現されています。

■おすすめステッカー
台紙の一番左側にある、初期型の警告ステッカー

使用電池について

「16340 3.7v リチウム充電池」がメーカー推奨電池となります。

「CR123A」や「SF123A」などの3vリチウム電池でも動作しますが、3.7v充電池と比べると光量が少し低くなり、電源を入れた時に電池残量低下を示すレティクルの点滅が発生します。

3vリチウム電池でもレティクルは十分明るく光りますが、本来の性能をお楽しみいただく場合は3.7vリチウム電池をお使いください。

ボタン操作方法

本体左側のボタンでレティクルの光量やモード、電源ON/OFFを操作します。

「↑」ボタン 電源ON / 光量UP
「↓」ボタン 光量DOWN
「NVボタン」 電源ON / 点灯モード切替 (IR ⇔ 可視光)
「↑」「↓」ボタン同時押し 電源OFF

マウントの調節方法

QDレバーを閉めてもガタつく場合、逆にレバーが閉まらない場合は、反対側にあるマウント調節ネジを回して調節します。

ネジを回す際は、必ずQDレバーを開いてから回してください。
QDレバーが閉まった状態で回すと、ネジ山やロックが破損します。ご注意ください。

EXPS3-0とは

モデルとなった実物のEOTech(イオテック) EXPS3 HWSは「ターゲットに素早く正確に狙いを定められる近距離用の照準器」で、世界中の軍・法執行機関・民間で幅広く使われているポピュラーな光学照準器です。

有名な米特殊部隊である「NAVY SEALs(ネイビーシールズ)」「DELTA FORCE(デルタフォース)」「Ranger(レンジャー)」でも採用されており、SOPMODやMK18、URG-I(SOPMOD BLOCK3)、SCAR-L/Hに装着・運用されている姿が数多く確認されています。

レティクルの表示に「ホログラフィック」という光学技術が用いられており、ドットサイトよりも正確な射撃が可能な上、レンズが割れても使用できるという特性があり、過酷な環境にさらされる「軍・法執行機関用」での運用に耐えうる信頼性があります。

ミリタリーフォトや映画、ゲームなどでの露出も多く、搭載されている銃の種類も非常に多岐に渡ることから「M4カービン、G36、AK47/74、MP5、MP7、M870」など、どんなエアガンに載せてもカッコよくカスタマイズが可能です。

2012年末の登場から現在まであらゆる銃に搭載され、現役として最前線の様々な場面で活躍しています。

注意事項

もともとの特性や性質などの注意点を記載しております。
ご購入の前に必ず目を通していただき、ご了承の上で本商品をお買い求めください。

※本商品は「ホログラフィックサイト」ではありません。「ドットサイト」と同じ仕組みの光学照準器です。
※ゼロインダイヤルを回す際は抵抗を感じたところでそれ以上回さないでください。限界を超えて回すとダイヤルが破損します。
※マウント調節ネジを外すと直径1.5mmの非常に小さな2個のスチール球が一緒に外れます。落とすと見つけるのが困難ですので、無くさないよう十分ご注意ください。
※パッケージには多少の擦れや汚れ、へこみがございます。
※レプリカのため、レンズには使用に問題ない程度の汚れや傷がある場合がございます。ご了承ください。
※内容物や細部の仕様はロットにより異なります。

仕様
サイズ 93x59x71mm
重量 265g
レティクルカラー 赤/IR(赤外線)
光量調節 19段階
サブ機能 オートパワーオフ機能、電池チェック機能
使用電池 163403.7vリチウムイオン充電池推奨(CR123A、SF123Aも使用可能ですが非推奨)
対応レイル 20mmピカティニーレイル対応
メーカー HolyWarrior
型番 HWO-S1
注意事項
※本商品は「ホログラフィックサイト」ではありません。「ドットサイト」と同じ仕組みの光学照準器です。
※ゼロインダイヤルを回す際は抵抗を感じたところでそれ以上回さないでください。限界を超えて回すとダイヤルが破損します。
※マウント調節ネジを外すと直径1.5mmの非常に小さな2個のスチール球が一緒に外れます。落とすと見つけるのが困難ですので、無くさないよう十分ご注意ください。
※パッケージには多少の擦れや汚れ、へこみがございます。
※レプリカのため、レンズには使用に問題ない程度の汚れや傷がある場合がございます。ご了承ください。
※内容物や細部の仕様はロットにより異なります。

Customer Reviews

Based on 3 reviews
100%
(3)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
祥成 浜田
投稿者名: N
素晴らしいです。

現在流通しているレプホロの中では性能、外観ともに最もクオリティの高い品だと思います。光量が大きいので炎天下でも問題なく使えます。外観についてはもはや説明不要。レプホロで後悔したくなければ他社製より多少値は高いですが当製品を購入することをおすすめします。

A
Anonymous
投稿者名: はちみつ
TANカラーのNAVY SEA…

TANカラーのNAVY SEALs Ver.を購入しましたが、外観はリアルの一言に尽きます。
商品説明の中でも触れられていますが、バッテリーキャップやマウント調整ネジなど各部の再現度は他メーカーと比較して群を抜いて高く、この商品に勝つには実物を買う以外ないのではないでしょうか。
また、色も落ち着いたTANカラーで他メーカーのようなギラギラしたチープな塗装とは一線を画してします。
レティクルの光量も思っていたより高く驚きました。さすがに炎天下の晴天の日に屋外で使用すると厳しいかもしれませんが、他のレプリカでは出せない光量だと感じました。
総じてレプリカでEXPSを探している方にはおすすめの商品です。

A
Anonymous
投稿者名: こばやし
きっと多くのホロサイト好きの皆…

きっと多くのホロサイト好きの皆さんと同じように、7,000円前後のホロサイトから始まり、それぞれBKやDEと購入しては、買う度にレティクルの光量不足やレンズの暗さにガッカリしていました。
今回、史上最強のリアルレプリカのキャプションに惹かれドキドキしながらBKモダンモデル到着を待ってました笑
レティクル光量。レンズも今まで購入した中で最高の明るさです。
URG-Iに載せました。最高です。MCMR11.5インチにもピッタリで今年のサバゲーシーズンが楽しみです。